当社はZEHビルダーです

ZEH(ゼッチ)とは?

 

住まいの断熱性・省エネ性能をあげ、年間の一次エネルギー消費量と同等か、それ以上に創エネルギー(太陽光発電などでエネルギーを作り出すこと)で、エネルギーの収支を正味(ネット)ゼロにすることを指します。

 

 また、狭小地・狭小住宅などで太陽光パネルを搭載しにくい場合にもNearly ZEH(ニアリーゼッチ)という基準が設けられています。ZEH基準と同じですが違う点が1点ありあります。それは一次エネルギー消費量を創エネルギーで可能な限りゼロに近づけることです。

 

 事情によりZEH基準を満たすのが難しい場合でもNearly ZEH基準であれば可能になることもあるでしょう。

 

 もちろん、省エネ基準を満たしていることは最低条件です。そしてそれよりも厳しいZEH条件を満たした住宅のみがゼロエネ住宅とされるのです。

 

 そしてZEH基準またはNearly ZEH基準を満たしているゼロエネ住宅は申請をすることにより国からの補助金を受けることもできます。蓄電システム搭載の場合、さらに補助金を受けることができます。

 

一次エネルギー消費量とは
電気やガスなど(自然エネルギーを使いやすいように人為的に変換した)二次エネルギー消費量を一次エネルギー消費量に換算した値のこと

 

ZEHに関する詳細は一般社団法人環境共創イニシアチブ(sii)のホームページをご覧ください。
建築物省エネ法の詳細は国土交通省ホームページをご覧ください。

普及目標及び実績(NearlyZEHの新築・既存改修含む)

経済産業省では、「2020年までにハウスメーカー等の建築する注文戸建住宅の過半数でZEHを実現すること」を目標とし、普及に向け取り組みを行っています。

 

当社は、ZEH事業計画に基づき、2020年までに当社新築住宅の50%以上をネット・ゼロ・エネルギー・ハウスにすることを目標に取組みしています。

 

年/項目 目標 実績
2016年 60% 50%
2017年 60% 0%
2018年 70%
2019年 90%
2020年 90%