4つのデザインで快適な住まいづくり

「床暖房がいらない家」に必要な4つのデザイン

 

あらゆる隙間を徹底的に排除し、室内の寒暖差をなくす

 隙間からの室内外の空気の出入りにより、室内の空気を外に逃がさない・漏らさないことが必要です。
 どんなに冷暖房の温度を調整しても、すきまだらけでは冷暖房の効率が下がってしまいます。

 

そのために、すきまのできにくい素材を選択
  • 断熱材でありながら、水分や水蒸気を通さない「ジョイ・コスパネル」
  • 破れにくい「気密シート」
  • 粘着力の高い「気密テープ」

 

 当社では相当すきま面積(C値)を0.1cu/uを目標にし、冷暖房の効率化を図ります。

相当すきま面積

 

 

熱が伝わるのを遅らせる

 性能に信頼できる断熱素材(断熱材、窓など)が必要です。
 窓や玄関などの開口部は特に熱の出入りが激しいため、熱の伝わりにくい素材を選択する必要があります。

 

そのために、誰が施工しても同じ性能を発揮できる断熱素材を選択
  • パネル型断熱材だから、施工方法を間違えない「ジョイ・コスパネル」
  • 断熱性の高い、K2仕様の玄関ドア
  • 熱の伝わり方を遅らせる、樹脂のペアLow-Eアルゴンガス仕様窓

 

いつでも室内の空気がきれい

 目に見えない空気のきれいさは、住んでいる人の健康のために必要です。
 花粉症の人が辛い時期には、自分が花粉症であったことを忘れてしまうくらい室内の空気がきれいです。

 

目に見えない空間だからこそ、手を抜かない換気計画

 家の中に空気の道を作り確実に空気を入れ替えるジョイ・コス換気システムは、音も静かで換気していることに気が付きません。
 24時間換気の設置は義務であり、2時間で1回、家中の空気を入れ替えをしなくてはいけません。そのため住む人の人数などに合わせて取付位置から換気の量まで全て計画を立てて実現します。

 

無駄なくエネルギーを使うための冷暖房計画

 快適な室内環境を作るには、冷暖房設備の計画が必要です。
 どんなに高性能のエアコンやパネルヒーターなどを全部の部屋に設置したからと言って「床暖房のいらない家」にはなりません。

 

気密・断熱・換気のデザインがあってこそ、冷暖房の効率を最大限に

 部屋ごと・エリアごとに逃げる熱の量を計算し、冷暖房機器の位置や能力を最大限に引き出すことで、住む人にもお財布にも優しい、快適な住まい空間を演出します。


1つでも欠けたら大変なことになる!

 4つのうち1つでも欠けてしまうと壁の中や床下、サッシなどに結露を起こし、カビが発生する原因となります。
 それだけでなく健康や柱や壁など建物そのものにも悪影響!場合によってはヒートショックを起こし倒れてしまったり、壁の中で繁殖したカビでアレルギーなど発症してしまう恐れも・・・

 

だから当社は「ジョイ・コス住宅システム」を全棟に採用

 

ジョイ・コスパネル(床)

ジョイ・コスパネル

 炭化コルクと硬質ウレタンフォーム複合断熱パネルを仕様とし、断熱性だけでなく、吸音性や耐水性などにも優れています。
 また、炭化コルクには調湿効果や消臭効果などもありますので、ニオイも気になりません。工場で一枚一枚製作の為、工期の短縮にもつながります。

 

※画像は床仕様


 

 

 

高性能樹脂サッシ

高性能樹脂サッシ

 サッシは住宅の中でも一番、熱が出入りするところです。樹脂サッシはアルミサッシと比べて、熱の伝わり方が約1/1000!
 だから熱を通しにくい樹脂サッシを標準仕様とし、ワンランク上の断熱性能を実現します。
 また、空気よりも熱の伝わり方が遅いアルゴンガスを注入したLow-E複層ガラスで、外気に影響されにくくなります。


 

 

 

換気システム

24時間換気システム

 24時間換気は平成15年(2003年)に建築基準法の改正により義務付けられました。第一種換気(給気・排気どちらもファン)、または第三種換気(給気:自然給気、排気:ファン)からご提案させて頂いております。
 どちらも機械一つで換気を行います。ライフスタイルや家族の人数に合わせ換気の量を計算し、部屋ごとの給排気口の数や位置など決定します。
 また設置だけでなく、きちんと計画換気がされているか現場での測定を2回(中間、竣工時)行い、換気の量を調整します。

 

※画像は第一種換気システム 本体(左)、排気口(右上)、給気口(右下)


それでも「本当に大丈夫なの?」と思ったら

 

 花巻市内で製造しているジョイ・コスパネルの工場をぜひ見学してほしい・・・・。ただパンフレットやインターネット上の記事を読むだけでは伝わらない部分があります。だから実際に肌で感じて納得してほしいのです。

 

 

 工場見学会は毎月第二土曜日に開催しています。その他の日は、必ずお問い合わせください。
 ただし岩手県内だけでなく他県からも見学に来るほど人気なので、ゆっくりご覧いただけないと思います。初めてその場所に行く方でしたら、必ずと言っていいほど迷います。ですから必ず「予約」をしてください。私たちがご案内します。

 

 

工場見学会の様子

 

 

申し込み先

 

電話の場合

 

電話番号

「工場見学の件」とお伝えください。

 

 

ホームページからお申込みの場合

 

申し込み先

 

メッセージ欄に「希望日」「人数」を記入の上、お申し込みください。